画像引用:http://www.businesspost.co.kr/BP?command=article_view&num=63678

 

コン・ユ、キム・ゴウンの韓国中をにぎわしたカップルが送るドラマ、トッケビ

 

ケーブルテレビ放送でありながら高視聴率を記録し、韓国中にトッケビシンドロームを巻き起こした話題作です。

 

トッケビや死神など、この物語に出てくる登場人物の正体や前世なども話題となり、視聴者を気を引き付けました。

 

今回はそのうちの1つ、ドクファの正体や最後についてまとめました。

 

 

sponsored link

トッケビ ドクファの正体とは一体?神?

 

像引用:http://post.naver.com/viewer/postView.nhn?volumeNo=6095249&memberNo=1117072

 

代々、トッケビの家臣であり、財閥御曹司のドクファは、

 

小さいころから言い聞かされていたからか、

 

トッケビであるシンのことを怖がりもせず「伯父さん」と呼ぶほど親しくしていたり、

 

死神の正体もすぐに見抜くなど、ちょっとふつうの人とは観点が違います。

 

そんなドクファの正体は、実はではないかと言われています!!

 

※注)以下ネタバレを含んでおります。

 

そう思われたシーンは、

 

ウンタクが家出をし、彼女の居場所を探してほしいとシンから頼まれるシーン。

 

ドクファはすぐに協力をしウンタクを発見するのですが、その場所には白い蝶が飛んでいました。

 

白い蝶は、シンが神に向かって話しかけているシーンに必ず出てきていたため、ウンタクの居場所がわかることができたのも、ドクファが神だからではないのかと言われていました。

 

また、シンに仕えていた子供とまったく同じ顔をしていたり、死神とトッケビをめぐり合わせ一緒に住ませたのもドクファ…

と謎は増えるばかりです。

 

そして、視聴者と同じように徐々にシンも死神もドクファを疑い始めます。

 

画像引用:http://post.naver.com/viewer/postView.nhn?volumeNo=6075385&memberNo=33179748

 

シンの遺言の内容について聞いてきたウンタクに「それは恋文だ」と嘘をつき、シンが神にしか話していない言葉を言ったり、

 

死神の人の記憶を消せる能力についても、本人から聞いてもいないのに理解していたからです。

 

画像引用:https://blog.naver.com/jeje60702/220905368239

 

ついにドクファに問い詰めた2人。

 

画像引用:https://blog.naver.com/pk21202/220905329572

 

そして「運命は私が投げかけた質問だ。答えはお前たちで探せ。」と神であるドクファは2人に言い放ったのです。

 

ですが、その後ドクファは意識を失い倒れてしまいます。

 

実は、神は2人の近くにいるドクファの身体に憑依していたのでした。

 

 

sponsored link

気になるドクファの最後は?

 

結局、正体は神ではありましたが、神がドクファに憑依しただけなので、ドクファ自体は普通の御曹司でした。

 

神が抜けた後は、シンも死神もまだドクファを疑っていましたが、まったく何も覚えてないドクファを見て憑依していたんだと確信しました。

 

最終的に、神によってドクファもシンの記憶を消されるのですが、再びあらわれたシンに対しては怖がったり抵抗もなく、同じようにシンと死神の正体についても理解していました。

 

画像引用:http://post.naver.com/viewer/postView.nhn?volumeNo=5849634&memberNo=10871885

 

勘の良さと怖がらない気の強さは、性格だったみたいですね。笑

ドクファの祖父が亡くなってからはドクファも経営について学び、立派に働いていました。

 

ドクファが障害死ぬまでシンに仕えていたかどうかはドラマではわかりませんでしたが、

 

成長し、最後まで仕え続けたドクファの姿も見たかったですね。

 

ドラマをさらに盛り上げてくれた登場人物の1人ですね!